物損事故にあわれた方へ

物損のみが発生した場合、車両の修理のみを済ませれば終わりかというと、そんなに単純な話でもありません。

まず、その修理費用自体が争いになることもありますし、他の費目が問題になることもあります。

以下では、物損事故の場合の損害賠償についてご紹介したいと思います。

 

〈車両自体に生じた損害〉

車両の損害については、加害者側に損害賠償を請求することができますが、相手方の自賠責から払ってもらうことはできず、任意保険か、加害者本人に請求することになります。なぜなら、自賠責は、物損を対象にしていないからです(※ご自身の車両保険が使える場合もあります。)。

そこで、問題になりうるのが、過失割合です。交通事故は、基本的に、加害者の故意又は過失(注意義務違反)により発生しますが、被害者側にも過失がある場合があり、被害者と加害者、事故発生の原因における責任問題として、それぞれの過失が度の程度あるのか、その割合を「過失割合」といいます。

自己過失(被害者の過失)分については加害者に請求することができず、このことを、「過失相殺」といいます。

また、過失があると、自身の請求できる賠償額が減額されるだけでなく、相手の修理費用等も負担しなければならない可能性があります。

例えばですが、被害者Aさんと加害者Bさんの過失割合が、Aさん対Bさん=20対80だとしましょう。そして、Aさんの負った損害額が100万円だとします。

そうすると、Aさんは、自己の過失にあたる20パーセントの部分はBさんに請求できなくなるため、Bさんに請求できる金額は80万円となります。

残りはAさんが自己負担をするか、自身の保険から払われるものがあれば、そこから填補することになります。

また、Bさんの損害が0円の場合には、話はここで終わりですが、交通この場合、加害者の方が無傷とは限りません。ここでは、Bさんに20万円の損害が生じているとしましょう。

そうすると、この事故において、Aさんも20パーセントは責任があることになるので、Bさんに生じた損害のうち、20パーセントはAさんが負担しなければならないことになります。

したがって、今回の事故の最終的な賠償は下記のようになります。

  • AさんがBさんに請求できるもの

 Aさんの損害の8割=80万円

  • BさんがAさんに請求できるもの

 Bさんの損害の2割=4万円

そして、このような場合に、Bさんが一度払って、Aさんがまた払うということは、手間もかかり、送金手数料も無駄になることから、通常は、Bさんが支払うべき80万円から、Aさんが支払うべき4万円を引いた76万円が、AさんからBさんに支払われることになります。

このように、過失割合は賠償額に直結する重要な要素といえます。

 

〈弁護士にご相談を〉

このように、過失割合が賠償額に与える影響は大きく、損害が高額になればなるほど、1割の重みが大きくなってきます。 

保険会社は、交渉を有利に進めるため、些細な事情であっても過失として主張してきますし、加害者に不利な事情があっても、それを自ら教えてくれることはありません。また、その後に人損がある場合には、物損での合意内容が影響する可能性も否定できません。

焦って示談をする前に、ぜひ多摩中央法律事務所にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー