事故にあったらなるべく早いご相談を

交通事故にあわれた後、どの段階で弁護士に相談しようか、お悩みの方は多くいらっしゃると思います。

「揉めているわけでもないのに、相談に行っていいの?」「弁護士が入ったことによって、かえってこじれたりしないの?」という心配もあるでしょう。

しかし、実際には早期にご相談いただくことで多くのメリットがあります。以下では、相談の時期と早期にご相談いただくことのメリットについてご紹介します。

 

〈ご相談のタイミング〉

交通事故にあわれた後、ご相談されるタイミングとしては、何点かあると思います。

例えば、

  • 事故直後
  • 治療費の打切りの話がでた時点
  • 症状固定した時点
  • 後遺症が非該当となった時点
  • 保険会社からの提示があった時点

等です。

確かに、ご依頼のタイミングによっては、弁護士費用の問題があることもあります。

しかし、当事務所は、交通事故の相談については、何回でも無料です。したがって、早く相談にきたことにより相談料がかさむ、弁護士費用が余計にかかるということはないのです(早期にご相談いただければ、ご依頼のタイミングについても、費用を踏まえて、損にならないようにご助言させていただきます。)。

また、早期にご相談いただくことによって、以下のようなメリットがあります。

 

例えば、事故直後にご相談いただく場合

  1. 以後どのような問題が起きるか早い時期に把握できる。
  2. 保険会社との交渉を弁護士に任せることができ、日中に時間をとられることもなく、加害者や保険会社とかかわらなくて済む。
  3. 正当な補償を求めて早い段階から弁護士がご依頼者様のために活動することができる(後から「こうしておけばよかった」「こういう資料が足りないので立証できない」というトラブルを回避することができる。)。

 

・通院期間中にご相談いただく場合

  1. 治療や検査について立証や費用などの点からどういう点に気を付けるべきかを弁護士に聞くことができる。
  2. 後遺障害認定の申請をすべきか弁護士からアドバイスを受けることができる。また、その場合、どのような資料を用意すればよいかなども・その他、全体像を把握し、どのような点に気を付ければよいか、弁護士に相談することができる。

等です。

もちろん、事故直後に相談できなかった場合でも、保険会社から提案が来た段階や、治療打ち切りを告げられた時にご相談いただくことも可能ですし、その他のタイミングでもご相談は歓迎します。

ただ、早い段階で弁護士に相談して適切なアドバイスを受けることができたかどうかで、結果が変わってしまう場合もあります。それゆえ、少なくとも、最初の相談は、早い時期にしておいたほうが良いと思います。

また、いったん示談をしてしまうと取り消すことは(きわめて例外的な場合を除いて)出来ないし、時効もありますので、早めのご相談をお勧めします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー