死亡事故の損害賠償の種類

交通事故における損害賠償の内容は、大きく積極損害・消極損害・慰謝料に分かれます(死亡事故でも同様です)。

それぞれの内容は以下のとおりです。
 

1 積極損害(交通事故によって支出を余儀なくされた費用)

  1. 治療費…蘇生対応のために発生する治療費、死体処置の費用です。
  2. 葬儀関係費用…葬儀費用、仏壇、墓碑の購入費用などです。

基本的に150万円以下で、実際に要した費用が賠償対象とされます。

 

2 消極損害(交通事故がなければ得られたであろう利益)

被害者が、交通事故がなく、生存していた場合に、得られたであろう利益について請求することができます。

 

3 慰謝料

お亡くなりになった被害者の慰謝料のみならず、ご遺族自身の慰謝料の2者を請求することが可能です。

被害者の慰謝料については、以下のように分類されています。

被害者が一家の大黒柱

2,800万円

被害者が母親、配偶者

2,500万円

その他

2,000~2,500万円

ご遺族自身の慰謝料は、被害者との間に特別に緊密な関係を有していたことが認められる場合には、請求可能とされていますが、その額は、事案ごとに大きく異なるところです。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー