保険会社から賠償額を提示された方へ

死亡事故における損害賠償としては、以下のような項目が考えられます。事故後、保険会社はこれらの費目について、賠償額を提示してきます。

  • 治療費
  • 手術費
  • 入院費、入院雑費
  • 入院付添費
  • 通院交通費
  • 葬儀関係費用
  • 逸失利益
  • 慰謝料
  • 文書料

保険会社から賠償額を提示された方へ死亡事故は、事故後入通院を経てから亡くなる場合も多く、問題となる費目は多岐に渡ります。

例えば、慰謝料は、自賠責基準・任意保険会社基準・裁判基準の3つの基準があります。

自賠責がもっとも低く、任意保険会社は内部の基準を定めていることが多いですが、自賠責基準で提案してくることもありますし、いずれにしても、裁判基準よりはかなり低額の提示をしています。

しかし、一般の方は、そのように3つの基準があること自体知らない方も多いですし、知っていても、保険会社の提示が正しいのかどうか、本来であれば自分がどの程度請求することができるのかの判断をすることは極めて困難です。

もちろん、保険会社は、自身の会社に不利になるようなことは言わないので、丁寧に裁判基準の事などは教えてくれません。

入院雑費、逸失利益についても同様です。

 

〈提示があったらまずは弁護士に相談を〉

上記のように、保険会社から提示があっても、保険会社の計算は正しいのか、本当に妥当な金額なのか、あるいは、他に請求できるものはないのか等、ご自分ではその提示が適正なものであるかどうかを判断するのは難しいと思います。

慰謝料については、ある程度相場が決まっているため、インターネット等で計算することは可能ですが、事案によって増減の可能性がある上、他の費目との調整にも使われます。

更に、逸失利益の算定は、基礎収入の考え方や、中間利息控除の計算等、複雑な問題をはらんでおり、かなり専門的な内容となっています。

そこで、当事務所にご相談いただければ、その提示が妥当なのかどうか、妥当でないとしたら、本来ならいくら獲得できる見込みがあるのか、今後どのような対応をとっていったらよいのか、無料で診断させていただきます。

そのため、弁護士費用の持出しを気にせずにご依頼いただくことが可能です。交通事故の相談であれば、何度でも無料ですし、費用の見積もり・賠償額の見積もりも無料でご案内させていただきます。

死亡事故で、保険会社から賠償額の提示を受けたら、すぐに多摩中央法律事務所にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー