死亡事故における弁護士の役割

死亡事故の被害者のご家族は、突然のことに悲しむ間もなく、保険会社からの連絡を受けることになります。

精神的にも辛い状態であるにもかかわらず、保険会社は待ってくれません。

そんなとき、弁護士にご依頼いただくことにより、ご遺族の方の負担を軽くし、同時に適正な賠償金を獲得することができます。

以下では、死亡事故における弁護士の役割をご紹介します。

 

〈手続を全て肩代わりする - ご遺族の方を手続から解放する〉

 交通事故にかかわらず、民事事件における弁護士の役割は、「代理人」というものです。つまり、ご依頼者様に代わり、交通事故に関する資料収集・交渉・示談等、一切の対応をとることができます。

そのため、保険会社との電話対応のみならず、事件記録の収集、交渉書面の作成、訴訟の提起、持参書の作成・取交わし等まで行なうことができ、ご依頼者様に、日中、保険会社と連絡を取る等の事務事項から、増額交渉をする等の賠償内容にかかわる事項まで、お手間を取らせることはありません。

もちろん、ご依頼者様でなければ収集できない資料や、事情の聴取についてはご協力いただくことになりますが、事故後、もっともストレスのかかる保険会社との交渉からご依頼者様を解放することができ、精神的・身体的な負担を、かなり軽減することができると思います。

 

〈適正な賠償金を獲得する〉

上記のように、代理人として、手続を肩代わりすることはもちろん弁護士の重要な役割ですが、専門家として最も重要なのは、適正な賠償金の獲得です。

保険会社が嘘をついているというわけではもちろんありませんが、保険会社としても、なるべくなら低額で示談したいという思いがあり、被害者に有利な事情や、加害者に不利となる事情については、特に指摘しないのが通常です。

また、慰謝料についても、裁判になった場合の一般的な相場がありますが、それについても特に指摘はせず、自賠責基準と同一であるとか、保険会社内部の独自基準のような、低額な慰謝料を提示してくるのが通常です。

ご遺族の方は、悲しみにくれる中で、その提案内容が正しいのか、調べることも大変であると思いますし、専門的な内容となってくるため、本当にそれが妥当かどうかの判断は、一般的に極めて難しいと思います。

しかし、弁護士であれば、法律の専門家として、専門的な知見に基づき、最適な賠償を得られるように交渉を進めることが可能です。

ご遺族の方の悲しみを全て埋めることは難しいですが、法律的な部分については弁護士にご相談いただき、手続的なストレスの軽減を図ると共に、少しでも適正な賠償が得られるように尽力してまいります。

死亡事故のご遺族の方、ぜひ一度、多摩中法律事務所にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー