慰謝料基準の比較

慰謝料については3つの基準(自賠責基準・任意保険基準・裁判基準)がありますが、慰謝料についても、大きく2つ分かれます。

基準名

内容

(1)入通院慰謝料

交通事故で受傷(ケガ)をし、入通院を強いられたことによる精神的損害を評価した慰謝料

(2)後遺障害慰謝料

交通事故で後遺障害を負うにいたったこよによる精神的損害を評価した慰謝料

そして、(2)後遺障害慰謝料についても、同様に3つの基準があります。

交通事故・むち打ち後遺症で比較的多い、後遺障害等級14級9号の場合における後遺障害慰謝料を比較すると・・

①自賠責基準     32万円

③裁判基準     110万円

と、ここでも大きな違いが出ています。

このように、交通事故で受傷(ケガ)をし、入通院をした場合、(1)入通院慰謝料の請求をする場合でも、自賠責基準と裁判基準とで大きな差がある上に、後遺障害が認定された場合には、(2)後遺障害慰謝料でも、自賠責基準と裁判基準とで大きな差が生じてきます。

そのため、後遺障害が認定される、されない関係なく、交通事故で受傷(ケガ)をした場合には、弁護士に相談し、慰謝料の増額が見込まれるのかについて協議すべきです。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー