交通後遺症認定と弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害に遭った方が弁護士に依頼するメリットはどのようなところでしょうか。

治療費の継続、慰謝料の増額、休業損害の算定等、様々な要素があげられると思いますが、代表的なものとして、後遺症の申請手続があります。以下では、後遺症の認定に関し、弁護士にご依頼いただくメリットを記載したいと思います。

〈後遺症の認定手続〉

まず、そもそも後遺症認定にどういう手続があるかということですが、方法としては二つあります。

一つ目は「事前認定」という方法で、治療費等を負担してくれている保険会社が、申請手続きを行なうものです。必要書類等を全て用意してもらうことができるという意味で、ご依頼者様のご負担は少ない手続となります。

二つ目は「被害者請求」という方法です。これは、加害者の加入している自賠責を通じ、損害料率算出機構という機関に対し、被害者自らが後遺症の申請をするものです。被害者側が必要書類を用意する必要がありますが、保険会社が何を提出したのかわからない事前認定に比べると、手続としては透明であり、また、自身の主張を補完する資料も添付することができます。

(※ なお、これらはあくまで自賠責が使える場合の手続です。自転車事故等、自賠責が使えない場合、あるいは自賠責での請求が認められなかった場合には、裁判の中で後遺症を争っていくほかありません。)

以上のような手続がありますが、当事務所では、後遺症認定に力を入れているため、後遺症認定ご希望の場合は、全件、被害者請求を行なっており、意見書を添付する等、後遺症認定のための資料も用意しています。

そのため、「事前認定では不安、でも、自分で資料を用意するのは大変」というご依頼者様のご要望にお答えできるような体制になっております。

 

〈弁護士にご相談いただくメリット〉

上記のように、当事務所では、後遺症認定のための被害者請求に力を入れています。これにより、どのようなメリットがあるか、もう少し詳しく説明します。

①認定の可能性が高まる

 当事務所では、自賠責で要求されている必要書類のほか、意見書や、症状の重篤さを証明するような資料を添付する等、後遺症認定に近づけるための資料を用意するようにしています。また、後遺障害診断書の書き方についても、ご助言をさせていただいています。

 

②申請の手間がなくなる

診断書等をとりつけるだけでも、手間がかかりますが、弁護士にご依頼いただくことにより、この手間をカットすることができます(委任状や印鑑証明等、一部ご自身で用意していただく書類もあります。)。

 

③賠償額が増額される可能性がある

「後遺症の損害賠償の相場を知りたい方へ」という記事に記載していますが、後遺症が認定されると、後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益というものが請求できるため、非該当の場合と比べると、賠償額が飛躍的に上がります。

以上のようなメリットがある上、精神的な負担も軽減できる等、弁護士にご依頼いただけると、様々なメリットがあります。

後遺症申請したいけど、自分で申請するのは不安だという方、手続が手間なのでやりたくないという方、ぜひ当事務所にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー