死亡事故の慰謝料相場と支払基準

交通事故で被害者が亡くなられる、いわゆる死亡事故においては、被害者のご遺族の方は、相手保険会社に対し、慰謝料を請求することができます。

この慰謝料には、大きく3つの基準がございます。

①自賠責保険基準

自賠責保険会社内部における基準

②任意保険基準

任意保険会社内部における基準

③裁判基準(弁護士基準)

裁判所において認められる基準

②任意保険基準は、外部に公表されるものではないため、正確なところはわかりませんが、金額は、おおむね、①<②<③となると言われています。

①③について、以下ではご紹介します。

 

①自賠責保険基準 

死亡事故においては、一律350万円です。

※なお、自賠責保険基準では、遺族固有の慰謝料についても、請求権者を被害者の父母・配偶者・子に限定した上で、請求権者が1人=550万円、2人=650万円、3人以上=750万円としています。

 

③裁判基準(弁護士基準)

被害者の属性によって、以下の通り定められています。

※なお、具体的斟酌事由により増減されるべきであり、一応の目安になります。

一家の支柱

2800万円

母親、配偶者

2500万円

その他

2000~2500万円

※遺族固有の慰謝料は、認められる場合には、事案ごとに金額が異なり、具体的な基準までは設けられていません。

このように、①自賠責保険基準と③裁判基準とでは、大きく金額が異なります。

そして、任意保険会社は、被害者側に支払った金額のうち、①の金額は自賠責保険基準から回収することができるため、できる限り①に近い数字で示談しようとします。

また、ご遺族自身が、③裁判基準で相手保険会社に請求した場合でも、相手保険会社からは、弁護士からの請求でない以上、応じらないとして拒否されるケースが多いようです。

そのため、適正な慰謝料額を受け取るためにも、弁護士にご相談されることをお勧めします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー