保険会社との示談交渉をしたくない方へ

交通事故も様々な態様のものがありますが、最悪の場合には、死亡事故に発展してしまうこともあります。もちろん、傷害を負うだけでも大変な苦しみを感じることと思いますが、交通事故でご家族を亡くされた場合は、特に、ご遺族の方は、突然のことに驚き、悲しみ、保険会社の対応どころのお話ではないでしょう。

しかし、保険会社も、その心情自体は理解してくれたとしても、賠償手続については待ってはくれません。死亡事故の賠償は高額となりますので、保険会社としても手続を進めるべく、早期に連絡をしてくると予想されます。

保険会社との交渉は、物損事故や傷害事案であっても、ストレスのかかるものです。通院のためにお仕事を休むことも多い上、ただでさえ、事故のために時間をとられているのに、日中に保険会社と連絡をとらなければなりません。また、最終的な示談に向け、金額面での交渉もしなければなりません。そのため、ご自分で保険会社と交渉をすることは負担の大きいことです。

これに加え、死亡事故の場合は、精神的な苦痛もさらに大きく、ご葬儀等の手続もあるなかで進めなければなりません。

ご家族を亡くし、ただでさえ、悲しみにくれている中で、保険会社との交渉までこなすというのは、精神的にも時間的にもかなりの負担を伴います。また、保険会社も、死亡事故だからといってこちらの主張を全て呑んでくれるわけではありませんので、当然のことながら、過失や逸失利益等、様々な争点が予想されます。

しかし、弁護士にご依頼いただければ、これらの問題は全て弁護士が対応することが可能です。

保険会社との手続的なやりとりはもちろん、賠償額の算定・交渉、場合によっては訴訟対応まで全て弁護士が行ないます。

これにより、ご依頼者様の時間的な拘束はなくなるほか、精神的に辛い中で、賠償額の減額を求める保険会社と交渉することからも開放されます。さらに、賠償交渉にあたっても、これまでの経験や専門的な知識をもとに、適正な賠償金を獲得することができるよう、尽力させていただきます。

事故直後は、色々なことが手につかず、賠償についてもそれどころではないと感じられることもあると思います。しかし、後になってから後悔をしないために、法律的なことは、専門家である弁護士にお任せ下さい。

ご依頼者様の負担を少しでも軽減するとともに、適正な賠償が得られるように、事件を迅速に進めてまいります。死亡事故の示談交渉は、多摩中央法律事務所にお任せ下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー