自転車の交通事故被害と損害賠償

自転車を運転していて交通事故に遭った場合においても、基本的には、自動車を運転していた場合と同様です。

他方で、以下の点で、自転車同士での交通事故の場合における特色があります。

請求先

自賠責保険への請求ができない。

物的損害

自動車よりも耐用年数が短く、中古車市場も発達していないことから、修理費用ではなく、時価額賠償になる可能性が高い。

後遺障害

自賠責保険の後遺障害等級認定制度が使えない

過失割合

自動車と比べて、小回りが利くことや免許なく誰でも運転できることから、自動車同士の事故の場合の過失割合を基本としつつも、修正される傾向にある。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー