交通事故の様々な解決方法

1.交通事故の被害者が、交通事故を解決させる方法

交通事故の被害者が、交通事故を解決させる方法は、大きく以下のものが考えられます。

①任意交渉での解決

ア 示談

②第三者機関を利用した解決

ア 裁判

イ 交通事故紛争処理センター

 

①ア 示談について

これが、交通事故の解決方法の最たるものです。保険会社と交渉をし、賠償内容を合意することで解決となります。書面(免責証書・示談書)を取り交わす方法や、書面を取り交わさず口頭合意で済ます方法もあります。

 

②ア 裁判について

保険会社と合意できない場合には、裁判所に判断を委ねることとなります。交通事故の場合に、用いられる方法としては、訴訟・調停が多いです。

調停は、当事者間で合意ができない場合には、不調となって終了しますが、訴訟の場合には、合意ができれば和解、合意ができなければ判決によって終了します。

判決が出た場合でも、控訴する場合や相手方から控訴された場合には、控訴審において和解又は判決がされた場合が、解決時期になります(なお、上告まで可能です)。

 

②イ 交通事故紛争処理センターについて

保険会社との合意ができない場合に、裁判所以外の第三者の判断にゆだねる方法として、交通事故紛争処理センターを利用した和解斡旋手続きがあります。

これは、裁判における判決のように、相手方が反対してきた場合の実効性は弱いですが、第三者が間に入り、和解の斡旋をしてくれる手続です。その斡旋に基づき、和解できれば解決となります。

 

2.弁護士に依頼した場合

②イを除き、交渉窓口を完全に弁護士に移すことが可能になるほか、裁判では裁判所に出頭する必要も基本的にはありません。又②イにおいては、本人が出頭する必要はありますが、事前に専門家である弁護士との打合せができるほか、弁護士を同席させることで適宜アドバイスを受けることも可能です。

以上の方法のうち、どれを選択するかも、基本的には被害者の自由ですので、弁護士にご相談の上、最適な方法を協議されることをお勧めします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー