その他の後遺症について

1.その他の後遺症について

次のような、残存症状について後遺障害の認定がされる場合がございます。

1 精神・神経の障害

・身体性機能障害(麻痺)、てんかん、PTSD

 

2 眼の障害

・失明、半盲、視力減少、複視、視野狭窄、眼球の機能障害・運動障害、まぶたの欠損・運動障害

 

3 耳の障害

・聴力の減少、喪失、耳鳴り、耳漏、平衡機能障害、耳かくの欠損障害

 

4 鼻の障害

・鼻の欠損、嗅覚脱失、花呼吸困難、嗅覚減退

 

5 口の障害

・歯牙障害、咀嚼(そしゃく)機能の障害、言語機能の障害、嚥下障害、味覚障害

 

6 上肢・下肢等の障害

・機能障害、欠損障害、短縮・変形障害

 

7 脊柱の障害

・変形障害、運動障害

 

8 その他の体幹骨の障害

・鎖骨変形、肋骨変形、肩胛骨(けんこうこつ)変形、骨盤骨変形

 

9 胸腹部臓器の障害

・臓器(呼吸器・循環器・腹部臓器・泌尿器・生殖器)の機能障害

 

2.後遺障害に当たるかもしれないと思った方へ

ご自身の症状について、上のような後遺障害に当たるかもしれないと思った方や、お近くの弁護士へご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー