弁護士費用が実質0円になる場合

1 弁護士費用が実質0円になる場合

交通事故で被害に遭われた方が、弁護士に依頼するか悩むポイントとして、「弁護士費用がいくらかかるのか」というものがあると思います。

実際、交通事故の被害者が弁護士に依頼した場合の着手金の相場は、20万円~30万円程度と言われています(ただし、当事務所は被害者側からのご依頼の場合は着手金は頂いていません)。

他方で、弁護士費用を実質0円にできる方法(ただし、事故に遭う前に該当する保険に加入している必要あり)がありますので、以下でご案内します。

 

2.弁護士費用特約を利用できる場合

自動車を購入する際に、多くの方が、自動車保険に加入されていると思いますが、自動車保険の契約内で「弁護士費用特約」が含まれている場合があります。

弁護士費用特約とは、交通事故の被害者が加害者へ損害賠償請求するための弁護士費用を、保険会社が負担してくれる特約です。たいていの自動車保険ではこれを付けることができます。

もちろん、保険契約の特約ですので、支払限度額がありますが(多くの場合は300万円ですが、100万円とするものもあります)、大抵の交通事故であれば、支払限度内に収まっていることが多いと思われます。もっとも、弁護士費用は依頼者の方と弁護士(法人)との間の契約で決まるところ、弁護士特約の支払い基準が合理性を書く場合には、差額分の負担が生じる場合もあるので、その点は事前にご確認頂く必要があります。当事務所では、保険会社の基準が日弁連旧報酬基準やLAC基準のように合理的な基準に沿っている場合は、追加請求が生じないようにしています。

そのため、交通事故で被害に遭われた際には、自身の保険に弁護士費用特約が含まれているかを確認してみるとよいでしょう。

なお、ご家族の保険の弁護士特約が使える場合もあり、ご家族が加入している保険の特約についても保険会社に問い合わせてみると良いと思います。また、自動車保険以外の保険(火災保険など)に同様の特約が付されている場合もありますので、ご自身ないしご家族が介入している保険については全般的に確認してみると良いと思います。その他、個人賠償責任保険の弁護士費用に関する部分も自動車事故の場合にも使える場合があり、介入している場合は保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。

 

3.弁護士保険に加入している場合

自動車保険とは別に、弁護士保険に加入されている場合にも、弁護士費用が大幅に割り引かれる可能性があります。

弁護士保険とは、交通事故に限らず、法律トラブルの解決を弁護士に相談・依頼した場合に発生する費用を、保険会社が負担してくれるものです。

弁護士保険を販売している会社数がそもそも少ないことから、内容も保険会社によって大きく異なると思われますので、交通事故の被害者の場合でも、保険を使用できるのか・その場合に保険会社が負担する内容などを確認する必要があると思われます。

 

4.当事務所では、ご相談は無料です

当事務所では、交通事故で被害に遭われた方からのご相談は、相談だけなら無料です。また、弁護士費用特約を使ってご依頼された場合には、基本的にご負担なくご依頼いただけております

弁護士特約がない場合は、弁護士費用はご依頼者様のご負担となりますが、当事務所の場合、被害者からのご依頼の場合、着手金は頂かず、事件解決時に成功報酬を頂く形にしておりますので、着手時にはご負担なくご依頼いただくことが可能です。

交通事故で被害に遭われた方で、弁護士に依頼するか悩まれている方は、是非一度当事務所へご相談ください。

交通事故のご相談は、経験豊富な弁護士へ!

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

HOME Mail Tel