【コラム】早い段階で弁護士にご依頼いただくことのメリットの一つ

交通事故に遭った方が弁護士に依頼することのメリットはいくつか挙げられますが、その一つとして、相手方保険会社と直接話さなくてよくなるというものがあります。

すなわち、交通事故の被害に遭うと、多くの場合、加害者側の保険会社が示談代行(加害者の代わりに示談交渉をすること)のために被害者に連絡をしてきます。ところが、あくまで加害者の保険会社であるため、被害者救済という観点は強くはありません。逆に、自社の負担を抑えようという考え方があるのが一般的です。もちろん、保険会社側としては適法に交渉業務をしているということでしょうが、あくまで加害者側の保険会社であり、被害者の救済という観点は強くないです。それゆえ、被害者から見ると、被害者の気持ちを考えてくれない、話を聞いてくれない、というような不満を感じることが珍しくありません。また、保険会社の担当者は交通事故に関してはそれなりに法的知識があるため、被害者の方はどうしても対等に話すのが難しいという問題もあります。例えば、早い段階だと過失割合や物損の査定などで不満を持つ方が多いようです。

 さらに、人身事故の慰謝料に関しては「赤い本」基準より低めの提案をしてくることが多いのも事実です。(後遺障害がないケースでも数十万、後遺障害があるとその程度にもよりますが百万円以上(場合により数百万円程度)、「赤い本」の基準(裁判所基準)よりも低く提案が来ることが珍しくありません) その他、休業損害なども適切に主張をしないと支払われない場合があります。また、過失割合に関しても、時には被害者側に過度に不利な主張をしてくる場合があります。

 その点、弁護士にご依頼頂ければ、ご本人様は保険会社の担当者と直接話さなくてよくなります。もちろん、弁護士は法律の専門家ですから、保険会社の主張に対してもしっかりと反論していくことができます。それにより、ご本人様の精神的負担が軽減されるとともに、法律的に適切な主張をしていくことができます。もっとも、事実関係などに争点があれば、ご自身が考えている程度の金額で和解できるとは限りませんが、法的な知識が不足しているがゆえに不利な金額になるということを防ぐことができるという点は重要です。

 保険会社の担当者もプロなので、一般の方がご自身で対応しようとすると、知識の不足などが原因で不利になる恐れが高く、また、精神的な負担にもなりがちです。

交通事故の被害に遭ったら、まずは弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー