【コラム】接骨院の治療費は認められない?

交通事故にあった多くの方は、整形外科に通院をされます。しかし、整形外科の診察終了時間が早い、あるいは、湿布ばかりで、マッサージなどをしてくれないなどの理由で、接骨院に通院される方もいます。
基本的に、保険会社は、接骨院の治療費も負担してくれるのが通常ですが、実はこれが、大きな問題となることもあります。

とういうのも、交渉の段階では、保険会社が接骨院の治療費を認めていても、裁判になるとこれを否定してくるというケースがよくあるのです。
なぜかというと、接骨院は、そもそも病院ではない、というところに起因します。整形外科は、担当の医師が、治療の必要性を判断し、診察をしますが、接骨院の場合は、担当者はそもそも医師ではありません。また、特に交通事故に限りませんが、接骨院は架空請求の問題が浮上することがあります。もちろん、殆どの接骨院の先生が、適切な請求をしているはずですが、一部に不当請求をする接骨院があることなどもあり、裁判所における接骨院の治療費の認定はシビアです。
また、治療の必要性自体は認定をしてもらえても、因果関係がないとして、慰謝料が減額されてしまう可能性もあります。
交渉段階で保険会社が払うといっていても、裁判になった途端に、保険会社からも裁判所からも否定されるというケースがありますので、注意が必要です。

では、これを防ぐためにはどうすればよいか、ということですが、まずは、接骨院に通院することについて、整形外科の医師の許可をもらうことです。
これは、単に、「通っても通わなくてもいいよ」というレベルではなく、「通う必要がある」「通うことが治療に有効である」という内容であることが必要です。
接骨院への通院が、頻度も回数もさほど多くないという場合には、あまり問題にならないかもしれませんが、接骨院に通う場合には、必ず事前に主治医の先生に話を通すようにしましょう。

また、接骨院に通うとしても、必ず整形外科にも平行して通院することにしましょう。
両方に同じ頻度で通うことは難しいでしょうが、整形外科にも最低でも月に一回は通うようにするべきです。定期的に医師の診断を受けていることが重要になるからです。

以上が、接骨院に通院するときのポイントです。接骨院の治療費が多く、また、医師に許可も得ていないとなると、裁判になった時に不利になる可能性が高く、交渉段階でも、いざとなったときに裁判を選ぶことができないというのは、痛いところです。(増額してくれないなら裁判にしますよ、という条件を提示できないということになるからです)

こういった問題は、賠償額の交渉の際にも問題になります。
リスクを回避して適正な賠償を受けるためにも、ぜひ一度弁護士にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー