実況見分調書とは?

実況見分調書の概要と入手方法

交通事故が起きると、人身事故の場合、警察は実況見分を行い、実況見分調書を作成します。

この調書には見取り図が添付され、当事者が相手の車を発見した地点、ブレーキを踏んだ地点、衝突した場所、などが記録されます。被害者の代理人弁護士は、23条照会(弁護士会を通した照会)か、または、検察庁での開示手続きを行うことで、写しを入手することができます。ただし、捜査中は見せてもらえません。

 実況見分調査には直接的にどちらが悪いか書いてあるわけではありませんが、事故の状況が記載されているため、過失割合について揉めているときには証拠として用いることがあります。もっとも、これだけで決まるわけではなく、他の証拠(例えば当事者尋問に対する受け答えなど)も含めて裁判官は心証を形成するのですが、実況見分調書は比較的事故から近い時期に警察官によって作成された資料であるため、一般的には信憑性が高いと考えられ、裁判でも重視される傾向があります。したがって、実況見分に立ち会う場合、警察官には正確に状況を説明する必要があります。もし、事実と異なることが記載されてしまうと、以後の交渉や訴訟で不利になりかねません。

実況見分調書の証拠としての使用について

 なお、加害者が不起訴の事件では、供述調書は開示が認められないのが一般的なので、実況見分調書以外に過失割合に関する有力な証拠がないことが珍しくありません。もちろん、ドライブレコーダーが設置されていてはっきりと事故前から事故に至る経緯が映っている場合や、防犯カメラに事故の瞬間が分かりやすい角度で映っていてその画像を入手できる場合のように、他により客観的な証拠があればそちらが重視される可能性も高いです。実況見分調書は警察官が作成するものなので信用性は高いのですが、カメラ画像等は人の手を介していないがゆえに客観性が高いといえます。しかし、その場合でも、どの地点で運転者が相手方に気が付いたのかはドライブレコーダーや防犯カメラではわからないし、どの地点でブレーキを踏んだのかも基本的に防犯カメラではわからないので(ブレーキランプが点灯する瞬間が映っているなど例外的な場合は別として)、やはり、実況見分調書が重要であることに変わりはありません。また、ドライブレコーダーは自車からの視界を記録しているものにすぎないので、相手方の車の動きは視界に入ってくるまでわかりませんし、防犯カメラの画像があっても映っている範囲や画像の鮮明度などの問題で信頼性が低い場合もあり、やはり、実況見分調書が重要な証拠であることに変わりはありません。

 それゆえ、過失について争われた案件では代理人弁護士は基本的に実況見分調書を取り寄らせて検討します。ただ、捜査中は開示されないため、捜査に時間がかかっている場合は入手まで時間がかかることがあるのが欠点です。

過失割合について弁護士に相談

 以上のように、実況見分調書は重要な証拠になりうるので、実況見分の際には自分が事故の際に経験した事実を正確に警察官に伝えて書いてもらうようにしましょう。また、過失割合について納得がいかない場合、弁護士に依頼すれば捜査終了後であれば実況見分調書の写しを入手して事実関係を調査することが可能ですが、被害者本人でも閲覧や謄写は可能だと考えられます。いずれにせよ、過失割合について揉めている場合、事実関係に関する食い違いがある場合は、ドライブレコーダーや防犯カメラの画像以外に、実況見分調書も重要ですので、過失割合に関して揉めていて訴訟をするかどうか悩んでいる場合は、実況見分調書を入手して検討することは重要です。当事務所では過失割合に関する訴訟も多く扱ってきました。過失割合について悩んでおられる方は、まずはご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー