経済的全損とは?

経済的全損とは、どういう意味でしょうか?

これは、物理的には修理可能であるとしても、修理代が車の価値を超えてしまい、買い替えるより高く付くという状況のことを言います。

ここで、車の価値は、新車の価値ではなく、事故時点での価値です。したがって、価格の算出には減価償却が必要です。

具体的な価格の算出にはレッドブックという中古自動車の価値を載せた本を参考にすることが多いですが、それが低すぎると考えられる場合、実際の市場価格を調査して反論することでこちらの主張が認められることもあります。また、買い替え諸費用を載せた額で認められるかということも問題となります。これについては、買い替え諸費用について項目によっては認められると思いますが、どこまでがその範囲になるかは議論があるところです。

いずれにせよ、事故にあった側から見れば修理をしたいという思いや、買い替えるなら新車がよいという考えもあるでしょうが、修理費用のほうが経済的価値より高い場合は、基本的に、経済的全損となり、事故時の経済的価値に相当する分しか賠償が認められません。

 なお、経済的価値と買い替え諸費用を足せば修理費用を上回る場合は、全損ではないと認められる可能性があります。

また、経済的全損の場合、保険会社から支払いを受けることで所有権が保険会社に移るとされる場合があり、修理して乗り続けたいという場合は注意が必要です。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー