途中で病院を変わってもいいですか? その場合保険会社の了解は必要ですか? 駄目だといわれたらどうしたらいいんですか?

「質問20 途中で病院を変わってもいいですか? その場合保険会社の了解は必要ですか? 駄目だといわれたらどうしたらいいんですか?」についての回答のページです。
 
医療費は、「必要かつ相当な費用」であれば請求可能です。そのため、病院を変えたことから、直ちに医療費の請求ができない、ということにはなりません。
しかし、被害者の立て替えなしに、相手方の任意保険会社が医療費を先行払いする方法(いわゆる一括対応)は、任意保険会社のサービスである以上、これを強制させることはできません。
そのため、病院を変えるなどする場合には、事前に任意保険会社の了解を得ておく方が安全です。
※了解なしに病院を変えた場合、任意保険会社から一括対応を拒否される、治療費用の必要性・相当性について後々争われる可能性があります。
任意保険会社から転院は駄目だといわれた場合でも、病院を変えて治療を受けること自体は可能です。この場合でかつ、一括対応を拒否された場合の流れは下の通りです。
 
①治療中
・治療費は、被害者の立て替えになります。
・自由診療での治療は、金額が高額となる傾向のため、健康保険への切り替えや、労災保険・自身の加入する人身傷害保険等の使用などを検討することとなります(※就業中の事故の場合には、健康保険への切り替えができませんので注意してください)。
 
②治療終了後
・任意保険会社への請求が考えられますが、賠償を拒否される可能性が高いです。・まず自賠責保険会社へ請求(=被害者請求)をし、立替費用の回収が検討されます(事前に、診断書等の資料収集が必要になります)。・自賠責保険会社から賠償を受けられるのは、自賠責保険会社の内部基準(自賠基準)に沿った金額に過ぎません。そのため、赤い本基準との差額は、交渉又は裁判によって任意保険会社へ請求することとなります。
無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー