【ご案内】後遺障害等級認定の申請、および異議申立ての代理業務も行っています

当事務所では、後遺障害の等級認定の申請(自賠責の被害者請求)、及び、等級認定に対する異議申し立ても弁護士が代理人として行っています。

もちろん、それより前の段階からご依頼いただいても良いのですが、そろそろ症状固定だが等級認定が通るか不安だ、あるいは、等級認定の申請をしたけれども非該当になってしまった、等級はとれたが思っていたより低い等級だった、という場合には、まずはご相談ください。当事務所では、被害者請求で等級認定を得た事例は多くあり、また、異議申し立てにより非該当→14級に変更された事例や、14級→12級に変更された事例などがあります。多くの後遺障害案件を扱ってきており、後遺障害の等級認定申立てや異議申立てについては慣れていますので、まずはご相談ください。

なお、等級認定に関する手続きが終わった後は、弁護士が代理人として相手方保険会社等と交渉して、慰謝料や逸失利益等の支払いを求めていきます。

弁護士にご依頼の場合は、ご本人様で相手方保険会社と交渉する必要はなく、弁護士が専門的見地から妥当な額の獲得を目指して交渉を進めていきますので、ご安心ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー