skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

主婦の休業損害に関する問題点

主婦の休業損害については、以下のような点が問題になり得ます。

損害の立証についての問題
家事労働ができなかったことによる損害を補償するという考え方ですが、会社などにお勤めの場合と異なり、客観的な証拠があまりないケースが多いという問題点があります。
それゆえ、怪我の程度や治療の経過などにより判断されるのが一般的です。
また、段階的に回復したとして、ある期間までは100%、そこからある期間までは50%、というような形で、休業損害を認めてもらうような示談交渉が成立することもあります。

因果関係についての問題
事故後に働けなかった事実があったとしても、以前から病気があった場合等には、事故との因果関係が問題になるケースがあります。
ただ、これは主婦休損に限った問題ではなく、休業損害一般について起きうる問題です。

パートなどの収入がある場合
パートなどの収入がある場合、仕事を休まざるを得なかったことによる損害のほうが大きい場合は、それにより請求したほうが得なので、賃金センサスによる場合とどちらが大きいかを検討することが必要です。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top