skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

後遺障害の認定を申請したい

治療を続けていて、症状固定となった場合、後遺障害の等級認定を申請する必要があります。

任意の保険会社を通す方法と、自賠責を通す方法、の二つがありますが、いずれにせよ、後遺障害診断書の提出が必要です。

この、等級認定の手続きも弁護士にご依頼いただくことができます。

では、ご自身で行う場合との違いはどこにあるのでしょうか?

まず、ケースによりますが、後遺障害診断書作成の際にどのような検査を受ければよいか、弁護士がアドバイスをすることができる場合があります。

医師は治療のために必要な検査はもちろんするはずですが、診断書のための検査については、本来の医療目的とはやや異なるため、お願いしないと積極的ではないこともあります。それゆえ、必要に応じて、弁護士から、どの検査を求めたらよいか、アドバイスさせていただくことがあります。

さらに、その後の交渉も弁護士が行なうため、ご本人様の負担が軽減されます。

すなわち、後遺障害の等級が認定された場合は、その等級に応じて、慰謝料と逸失利益についての補償を請求することができます。

一方、非該当とされた場合でも、通院慰謝料など、治療段階で生じた損失への補償についての交渉は必要です。

この際、弁護士がついていると、裁判所の基準に近い額で示談できるケースが多くなっています。

また、過失相殺など争点がある際には、なおさら、弁護士による交渉の必要性が高いと思います。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top