skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

交通事故の慰謝料とは

慰謝料とは、精神的な苦痛をこうむったことによる損害をいいます。交通事故(人身)の場合、慰謝料には、以下の3種類があります。 

傷害慰謝料(入通院慰謝料)

事故でけがをし、入通院をしなければならなくなったことにより精神的苦痛をこうむったことによる損害。原則、入通院の期間が考慮要素となり、算定されます。

後遺障害慰謝料

後遺障害が残ったことにより精神的苦痛をこうむったことによる損害。後遺障害の等級に応じた基準があります。

死亡慰謝料

死亡による精神的苦痛に対する金銭賠償です。近親者固有の慰謝料も含まれます。

負傷したけれども完治した場合は、入通院慰謝料のみを請求します。
後遺障害が残った場合は、さらに後遺障害慰謝料を求めることができます。
不幸にして亡くなった場合は死亡慰謝料と、亡くなるまでに入通院があった場合は入通院慰謝料を請求可能です。

・実際の交渉
経験上、保険会社は、裁判の基準と比較して、低額な慰謝料を提示する例が非常に多いように感じております。任意保険会社であっても自賠責の基準での解決を提案してくることも多いです。しかし、これは、一般的に、裁判基準よりかなり低いのです。そこで、弁護士が入って交渉することで、金額を上げられることがよくあります。

特に、後遺障害慰謝料については、弁護士による交渉の結果、保険会社から提示された賠償金額より大幅に増額して解決される事例も多くありますので、是非とも、弁護士にご相談ください。
*死亡慰謝料についてもケースによっては大幅な増額がありえます。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top