skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

相談の時期について…どの段階で相談されるのが望ましいか?

どの段階で相談したらいいでしょうか?というご質問を受けることがあります。
まだ保険会社ともあまり話していない段階で弁護士に相談しても良いのか迷う方もおられるようです。

これに対しては、「可能なら、できるだけ早く」とお応えしています。
なぜなら、交通事故被害者と保険会社の間で一番争いになりやすいのは、後遺障害の等級についてです。
これは、基本的に後遺障害診断書に基づいて決まります。

後遺障害診断者は医師が書いてくれますが、医師は慣れていないため、すべての障害について適切に書いてくれるとは限りません。すなわち、医師の本来の仕事は病気やけがの治療ですが、交通事故損害賠償のための診断書は直接治療のためのものではないため、医師も適切に書いてくれるとは限らないのです。

しかし、ここで重要な後遺障害が抜け落ちてしまうと、後から認めてもらうためには、相当な努力が必要になるケースが多いです。
従って、早いうちから法の専門家である弁護士に相談して、どのような点をポイントとして後遺障害診断書を書いてもらうべきか、検討するのが望ましいといえます。

決して、虚偽や誇張を書いてもらうというわけではございません。
ただ、神経症状など、積極的に医師に告げないと、医師も見ただけではわからない場合もあります。

また、自覚症状だけではなく他覚症状が重要ですが、それを明らかにするためには、各種検査をしてもらう必要があり、申し出ないとやってもらえない場合があります。
そのような点について、被害者側から医師に要望する必要があります。

しかし、そうはいっても、何を特に念を押して伝えればよいか、などはなかなかわからないと思います。
そこで、早めに弁護士に相談して、どのように対応すればよいかを聞いておくことは重要だと思います。

ただ、保険会社の提示を受けた後からのご相談でも、挽回できる場合も多くありますので、あきらめずにご相談ください。
後遺障害診断書に納得がいかない場合は、別の医師に診断書を書いてもらって提出するなどの方法で、後遺障害を証明していくことができる場合もあります。

「なるべく早めに」というのは、可能であれば、ということで、もちろん、提示や認定が出た後で不満があるからご相談に来られる方も多くおられます。
その他、ある程度時間が経過してからのご相談でも、もちろん、依頼者のために全力で交渉、訴訟を行ないますので、ご遠慮なく、ご相談ください。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top