skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

交通事故の被害者が弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害に遭った方が弁護士に依頼するメリットはどのようなところでしょうか?
代表的なところを挙げると以下のようなものがあります。なお、あくまでケースによりますので、具体的に悩んでおられる方は、弁護士に直接ご相談ください。

【治療継続に関して】
保険会社から治療の早期打ち切りをほのめかされているとき、弁護士が入って交渉することで治療の継続が認められる場合があります。
*ただし、状況によります。

【後遺障害等級認定に関して】
後遺障害の等級認定を獲得したい場合、自賠責を通した被害者請求を弁護士に任せることができるという点が挙げられます。
被害者請求を行うに当たって、、弁護士はどういう検査を受けるべきかについて適切なアドバイスをしたり、時には必須書類以外にも意見書や本人陳述書をつけて提出するなどの方法で申請に説得力を持たせることができます。

なお、異議申し立てについても代理人として尽力することができます。当事務所でも異議申し立てを行って非該当を14級に変更する結果を得たり、等級を上げる決定を得たこと経験があります。
異議申し立ては専門的な知識が求められるので、弁護士に依頼する必要性は高いといえるでしょう。

【慰謝料について】
また、慰謝料の金額については、入通院慰謝料にせよ、後遺障害慰謝料にせよ、相手方保険会社からご本人様への提案はたいていは赤い本の基準(いわゆる裁判所基準)よりかなり低く、自賠責と変わらない水準での提案のことも珍しくないですが、弁護士が入ると多くのケースでは赤い本の基準に近いところ(多くの場合9割前後)で和解ができます。ケースによっては満額で和解できる場合もあります。

【休業損害について】
自営業者の場合や主婦の場合など争点がある場合、また、勤め人の場合でも計算方法が被害者に不利なものになっている場合、弁護士が入ることで適切な金額の補償を求めることができます。

【物損について】
物損事故に関しても自動車の価格の算定方法や評価損などについて弁護士が入ることで効果がある場合もあります。
ただ、物損だけの事故の場合は、よほど高額な自動車の場合を除いては、弁護士特約がないと費用との関係でプラスにならない可能性も高いです。
人身損害と両方の場合や、弁護士特約がある場合には、物損事故に関してもご依頼いただければ、と思います。

【特別な事情について】
慰謝料や逸失利益等の計算は必ずしも赤い本の基準を機械的に当てはめればよいというわけではありません。
特別な事情があるから逸失利益の根拠となる期間を延ばしてほしいという場合、逆に、相手方から特別な事情を指摘されて損失を否定された場合の対応、など専門的知識を元に交渉が必要なことも珍しくありません。例えば、重労働なので鞭打ちだが5年の逸失利益だけでは納得がいかないという場合、収入の低下がないから逸失利益は認めないという主張がされた場合、等、赤い本の基準の機械的当てはめでは解決しないことも珍しくありません。そのような場合は、弁護士が代理人として法律や判例の知識を駆使して交渉に当たることが重要です。

【裁判について】
任意交渉での提案に不満がある場合には、弁護士が代理人として訴訟遂行をすることができます。訴訟に関しては、一般の方にはなかなか難しいところだと思うので、弁護士に依頼するメリットは大きいといえるでしょう。

【精神的負担の軽減】
その他、相手方保険会社と直接やり取りをしなくてよくなるという点も大きなメリットです。
すなわち、ご自身で交渉すると相手方保険会社と直接やり取りしないといけませんが、それが精神的に負担だという方も多いです。
その点、弁護士にご依頼いただければ、弁護士が交渉するため、ご本人様は其の負担から解放されます。

以上は弁護士に依頼するメリットの代表的なものです。
なお、案件により異なりますので、まずはご相談ください。

Back To Top