skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

後遺障害等級認定の被害者請求について

<後遺障害等級認定の被害者請求とは?>
後遺障害の等級認定は、2通りの方法があります。一つは任意保険会社を通した事前認定ですが、もう一つは自賠責保険を通して行う被害者請求です。
被害者請求は、必須書類以外に、弁護士の意見書や本人陳述書など別途書類を添付することができるので、争点がある場合には被害者請求のほうがよいと思います。

<弁護士に後遺障害等級認定の被害者請求を依頼した場合>
弁護士に後遺障害等級認定の被害者請求を依頼した場合は、まず、弁護士は各種書類を用意します。そのうち、後遺障害診断書は医師に書いていただく必要があるので、書式をお渡しします。
それを医師に渡して書いてもらってください。
 医師に記入してもらったら、弁護士は他の必要書類とともに自賠責の保険会社に送付します。
自賠責の保険会社からは一般に2ヶ月か3ヶ月程度で返答が来ます。返答は書面で来て、該当する等級(または非該当)と理由が書いてあります。

もし、等級が認定された場合でご本人様が納得する場合は、弁護士は入通院慰謝料の他、後遺障害慰謝料や逸失利益等について相手方任意保険会社との交渉に入ります(自賠責分は認定が得られれば決まった金額がまず支払われますので、それを越える部分を任意保険会社に請求します)。
一方、等級に納得がいかない場合は異議申し立てを行うことができます。

 また、非該当で争わない場合は、入通院慰謝料等についての交渉を行うことになります。

いずれにせよ、弁護士にご依頼の場合、弁護士は後遺障害等級認定の申請を行うだけではなく、等級が確定した後の慰謝料などの交渉も代理人として行うこととなります。
このように、等級認定の申請から慰謝料等の交渉まで任せることができるが弁護士に依頼する大きなメリットです。


Back To Top