skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

交通事故についてのQ&A

Q&A 回答9

 

「質問9 保険会社から治療の打ち切りを言われた場合、どうしたらよいですか?」についての回答のページです。

 

ご自身が治療を続けたいかどうか、ということと、主治医の先生がどのように考えておられるか、ということが重要です。

 

(1)症状固定日の確定

まずは主治医の先生に、症状固定かどうか、聞いてみて下さい。
症状固定とは、治療を続けても、それ以上症状の改善が見込めない状態をいいます。
医師が症状固定に至っていると判断した場合には、後遺障害の申請を行うかどうか決めます。

一方、主治医の先生がまだ症状固定には至っておらず、治療が必要だというご意見の場合には、
相手方保険会社に主治医の先生の意見を伝えた上で、治療費支払継続の交渉をします。

それでも治療費が打ち切られてしまった場合には、主治医の先生が症状固定という判断をするまで、健康保険を使って治療を継続するとよいでしょう。

(2)後遺障害認定について

症状固定日まで治療を続けた後、後遺障害が残るようであれば、医師に後遺障害診断書を書いてもらい、後遺障害の等級認定の申請を行います。

後遺障害の認定方法には、相手方任意保険会社を通した方法(事前認定)と、自賠責へ被害者が直接請求する方法(被害者請求)があります。

治療費打ち切りを言われて悩んでいる場合は、まずは弁護士にご相談下さい。

 

質問一覧のページに戻る

 

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top