skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

後遺障害の認定が適正か知りたい

後遺障害については認定の申請の段階からご依頼いただくこともできます。その場合は原則として被害者請求という方法で等級認定の獲得を目指して活動します。
ただ、後遺障害について、自分で申請をして(あるいは相手方保険会社による事前認定手続きで)「非該当とされたけど納得がいかない」「もう少し高い等級に該当するはずだ」というような思いをお持ちの方もおられると思います。

後遺障害等級の認定は、損害保険料算出機構という機関が行っていますが、これに対しては、異議を申し立てることもできます。

上記機構は中立的な機関とされていますが、あくまで、事故被害者から提出された資料に基づいて審査するため、資料の提出が不十分だと、不利な結果になる恐れがあります。特に、医学的に不十分な証拠しか示せないと、認定において不利になる恐れは高いと言えるでしょう。そのような場合、再度検査を受けて後遺障害診断書を書いてもらう等により不十分なところを補充して、異議を申し立てる必要があります。

当事務所では、異議申し立てについても、弁護士が代理人として行うことが出来ます。また、案件によっては、異議の申立てが通る可能性を少しでも高めるために、アドバイスをさせて頂きます。当事務所では、非該当が14級に変わった例が複数ある等、異議申立てが成功した実績が多数あります。

まずはご相談ください。

*ご相談の結果、受任できるかどうかは、案件によります。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top