skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

慰謝料の金額に納得できない

慰謝料には、入通院慰謝料後遺障害慰謝料の2種類があります。

前者は、基本的に治療を受ければ発生しますが、後者は後遺障害が残った場合に認められるもので、一般には、後遺障害慰謝料は後遺障害等級認定を経て請求をします。

入通院慰謝料は、原則、治療期間に応じて金額が定まりますが、ご本人様に対して行われた保険会社の提示と、裁判基準(赤い本の基準)の間に開きがある(裁判基準のほうが高い)ことも多いです。弁護士が介入して交渉すれば、赤い本の基準に近い額になる(金額が増える)ことが多いです。
(ただし、過失がある場合は、いずれにせよ過失相殺がなされますので、注意が必要です)

さらに、後遺障害慰謝料は、同じ等級でも、保険会社の当初の提示と弁護士が入ってからの提示額では大きな差が出ることが多くなっています。すなわち、後遺障害等級の認定がなされた場合、弁護士が入って交渉すると、大きく金額が増えることが多いのです。

一般に、等級認定が重いほど、保険会社の提案と裁判基準の開きは大きくなる傾向があります。言い換えれば、弁護士が入る効果が大きい、ということになります。

任意保険会社の基準は会社ごとに異なりますが、これまで交通事故案件を取り扱っていた経験上、裁判所の基準と比べると、保険会社の基準はかなり低いと感じています。ご本人様が対応していると、任意保険なのに、自賠責の基準と同額で提案してくるケースも多々あるようです。それゆえ、弁護士が入ると、金額が大きく増えることが多いのです。

*被害者側にも過失が大きい場合等、例外もあります。

慰謝料に不満がある場合は、まずはご相談ください。

相談料、着手金が・・・無料です!!
Back To Top