skip to Main Content
[営業時間]平日:10時〜22時 土日:10時〜19時
※所沢は土日いずれか休業
042-512-8775
弁護士へ相談して、適正な賠償を受けましょう

治療費の打ち切りを示唆されて困っている

 

任意保険会社が医療機関に治療費を支払っている場合、ある時点で治療の打ち切り(保険会社による医療機関への医療費支払の打ち切り)を示唆されることがあります。治療の打ち切りを示唆された場合も、弁護士が交渉することで治療継続が認められる場合があります。
ただし、治療継続が必要かどうか、という医師の意見が重要なので、必ず継続が認められるわけではないです。また、例えば「今月まで」といわれていたのを交渉して「では、あと3ヶ月」というように期間限定であれば認められるという場合もあります。

もっとも、治療費の支払いを打ち切られても、健康保険を利用して通院するという選択はあります。なぜなら、ここでいう治療の打ち切りとは、正確には、任意保険会社による支払いの打ち切りであって、自分で負担して通院することに関しては本人と医療機関の問題であり、相手方保険会社が決めることではないからです。
 その場合、事後的に相手方保険会社に請求できるか、は事故との因果関係の問題ですので、治療が終わってからまずは交渉し、応じてもらえなければ裁判で決着をつけるという形をとることができます。弁護士にご依頼の場合は、その交渉等も弁護士が代理人として行なうことができます。、

交渉打ち切りを示唆された場合は、まずはご相談ください。

 

質問一覧のページに戻る

 

Back To Top