交通事故と治療

事故の治療はさまざまなものがあり、症状によっては長期の治療を強いられます。

加害者が任意保険に入っていれば、基本的にその保険から治療費を出してもらうことができます。

また、相手方の保険会社から直接支払いの手続きをしてもらえない場合ですが、被害者側で必要な手続きをすれば健康保険の適用を受けることもできます。過失相殺の問題を考えると、自費(自由診療)で払うよりは健康保険を使うのが無難だと言えます。すなわち、過失がある場合、その分、相手方の保険から出る治療費が減らされてしまう恐れがあるからです。(その分、後で慰謝料等を請求する際に引かれるという扱いになります)
自賠責の場合は7割未満の過失は考慮されませんが、自賠責を超えて損害賠償を請求する際に問題になるわけです。

また、必ずしも加害者が任意保険に入っているとは限りません。自賠責保険では限度額が120万円となっている点に注意が必要です。この120万円は治療費のみではなく各種補償が含まれています(後遺障害関連は別)。

相手が何も保険に入っていない場合(自賠責への加入義務も怠っていた場合)、政府保障事業へ請求を起こすことが出来ます。
(政府は、この損害のてん補をしたときは、その支払金額を限度として、被害者が加害運転者等に対して有する損害賠償請求権を被害者から代位取得し、政府が被害者に代わって、本来の損害賠償責任者に対して求償します。 )

症状固定となると、原則として以後は治療費は保険から出なくなるので、注意が必要です。


相談料、着手金が・・・無料です!!

法律相談のご予約 042-512-8775

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■弁護士費用

Copyright © 2010-2013 Tamatyuou law offic All Rights Reserved.