車両使用不可能時期に生じた損害

事故車を修理に出した場合や車の買替をしたなどの場合、
車の修理期間中または購入車の納車までの期間中は、車両を使用することができないため、
代車を使用する必要性と代車費用の相当性が認められる場合、

理論的には、代車の使用料が損害として認められます。

ただ、営業用に用いていた車両であるなど、もともとの車両を使用できない期間において代車を使用する必要があったことが必要です。

営業用車両に限定されるわけではありませんが、営業用車両は必要性が明らかな場合が多いので、代車費用の請求は比較的容易です

一方、自家用車については、必要性の立証をしっかりと行う必要があり、そのためには、例えば、従来の使用状況と代車の使用状況などにも触れつつ、代車使用の必要性を明らかにしていく必要があります。
もちろん、通勤に自動車が不可欠であるなど、代車が必要である根拠となる事情を立証できれば認められるべきものなので、自家用車であっても事情によってはあきらめずに請求することが重要だと言えます。(実際のところ、少なくとも、交渉で解決する場合、自家用車の場合でも、代車費用または代車の提供は受けられることが多いように思います)

相談料、着手金が・・・無料です!!

法律相談のご予約 042-512-8775

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■弁護士費用