後遺障害とは

後遺障害とは、適正な治療を行ったにもかかわらず完治せず、将来的に身体的又は精神的な毀損が残存することを指します。このことが認定されれば、等級に応じて、後遺障害慰謝料や逸失利益の請求ができるということになります。

なお、上記のような、治療による改善の目途がはっきりしなくなった時点を症状固定と言います。症状固定になると、原則として、治療費が出なくなり、それ以後の損害については後遺障害に対する補償の話ということになります。

後遺障害に対する補償を受けるためには、等級認定が重要ですが、後遺障害等級の認定は、損害保険料率算出機構が行います。認定を受けるためには、まず、交通事故の被害者の方は、医師に、後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。それを他の資料と共に、提出します。

 

後遺障害に対する補償としては、おもに、慰謝料と、逸失利益に対する補償があります。それらを支払ってもらうために重要なのが、後遺障害の等級認定という手続きなのです。
等級は、1級から14級まであり、数値が小さいほど重い後遺障害ということになります。それぞれの等級に応じて、慰謝料と逸失利益(労働能力喪失率)の基準が定められています。

ところで、認定手続は、加害者側の任意保険会社を通す事前認定と被害者から自賠責保険を通して行う被害者請求があります。どちらの方法でも、認定をする機関は同じです。ただ、被害者請求のほうが、陳述書や医師の意見書、弁護士の意見書など、必要に応じて書面を一緒に送ることもできるので、ご依頼いただいた案件は基本的に被害者請求で行っています。なお、等級の認定については、不服がある場合、異議申立を行うこともできます。

弁護士による任意交渉においては、この等級認定に基づいて金額を算出し交渉していきます。すなわち、認定された等級を元に、後遺障害慰謝料や、逸失利益を算出して、請求していきます。

もし、裁判まで進めた場合においても、基本は同様です。もっとも、裁判所は、必ずしも、損害保険料率算定機構の等級の認定に拘束されるものではありませんが、一般的には等級認定を元に判断がされると考えられます。それゆえ、後遺障害の等級認定というのは非常に重要なものです。

なお、後遺障害等級認定を得られなくても裁判で後遺障害を認めてもらい慰謝料や逸失利益を獲得できる場合もありますが、そのためにはしっかりとした立証が必要です。一般的には、等級認定を得てから、それに基づいて後遺障害慰謝料や逸失利益を請求することとなり、認定を得られないまま後遺障害の補償を求めて訴訟を行うのは例外的です。

この、等級を認定するための、損害保険料率算定機構による審査は、通常、医師が作成した後遺障害診断書(自賠法で様式は決められています)や画像(レントゲン写真・MRI・CTなど)をもとに行います。

従って、後遺障害の認定に際しては、後遺障害診断書が重要な意味合いを持つことになります。

 

ところが、医師は、治療のプロではあるけれども、後遺障害診断書の書き方、どういう検査をして陽性なら有利になるか、などについては詳しくないこともあります。そうすると、後遺障害を立証するために重要な検査も、患者側から希望しない限りしてくれない場合もあります。それゆえ、場合によっては、弁護士にどういう項目の検査を受けたほうが良いか聞いてから受けるほうが良いと考えられます。

 


関連項目
後遺障害による逸失利益とは?
後遺障害慰謝料とは?
後遺障害に対する補償・損失の種類と保険請求の手順

 

相談料、着手金が・・・無料です!!

法律相談のご予約 042-512-8775

■HOME   ■弁護士紹介   ■事務所紹介   ■アクセス   ■弁護士費用

Copyright © 2010-2013 Tamatyuou law offic All Rights Reserved.